本文へスキップ
 Japan Science Society of Biological Macromolecules

Contents 

content

日本生物高分子学会

〒719-1197
岡山県総社市窪木111
岡山県立大学保健福祉学部栄養学科内
TEL 0866-94-2143

役員 評議員  部会 会則 会員募集  
日本生物高分子学会会則

第1条 名称

  • 本会は日本生物高分子学会(Japan Science Society of Biological Macromolecules)と

いう。
第2条 目的

  • 本会は生物高分子に関する基礎と応用・開発及び細胞高分子の構造−機能解析とその活用に関する研究の発展を促進するとともに、多方面の分野における研究者の協力と研究情報の交流、産・官・学の連携強化を図ることを目的とする。

第3条 業務

  • 本会は下記の業務を行う。
  • (1) 大会・シンポジウムおよびセミナー、研究会、ワークショップ等を開催し、それぞれの企画運営には開催地における若干名の世話人が当たる。
  • (2) 本会は学会誌を発行し、その業務は編集委員会が行う。編集委員会は編集委員長1名と、編集委員若干名で構成される。
  • (3) その他上記の目的達成に必要なことを行う。

第4条 会員

  • 本会の会員は、一般会員、院学生会員およびユニット会員の3種とする。ユニット会員は企業所や研究室・講座単位で加入するものとする。会員は定められた年会費を納めなければならない。

第5条 役員

  • 本会には次の役員を置く:会長1名、副会長、庶務、会計および理事若干名、会計監査3名、および相当数の評議員。
  • (1) 会長は本会を代表し、会務を統括する。会長は評議員の互選により定める。任期は2年とするが、再任を妨げない。
  • (2) 評議員は評議員会を構成し、本会に関する諸事項を審議する。
  • (3) 理事は会長を助け、本会の運営にあたる。会長は理事若干名を選び、これを委嘱する。
  • (4) 会計監査は本会の会計を監査する。会計監査は評議員会で選出し、会長がこれを委嘱する。

第6条 委員会

  • 会長は必要に応じて特定の委員会を置くことができる。

第7条 総会

  • 本会は原則として年1回総会を開き、会務を協議し、議決する。総会は年会開催の際に会長が招集し、出席会員をもって構成される。議長は出席会員より選出される。

第8条 会計年度

  • 本会の会計年度は10月から翌年9月までとする。